FX

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009/8/3月曜今週の指標

資産3,009,588

2009,8,3hiashi


★今週は75MAの96を超えるか?押し戻されるか?
 96を超えると98まで見えてくるのか?
 逆に94.50を下にいくと91が見えてくる?

  8月は夏休みで薄商いらしい
★去年はこの同じパターンから9月の大暴落があったらしい
 M氏のブログなどで要チェック!

《今週の重要指標》
■米国重要指標・イベント(時系列)
・7月ISM製造業景況指数
・6月個人所得
・6月個人支出
・6月PCEデフレーター
・6月PCEコア・デフレーター
・6月中古住宅販売保留
・7月ADP全国雇用者数
・7月ISM非製造業景況指数
・8/2までの週の新規失業保険申請件数
・7月雇用統計(非農業部門雇用者数・7月失業率)

■要人発言
木曜:トリシェECB総裁記者会見

■政策金利関連
火曜:(豪) RBA政策金利発表
木曜:(英) BOE政策金利発表、(欧) ECB政策金利発表

■その他の重要指標(時系列)
(豪) 6月小売売上高
(ス) 7月消費者物価指数
(豪) 6月貿易収支
(英) 6月鉱工業生産
(欧) 6月小売売上高
(NZ) 第2四半期失業率
(豪) 7月雇用統計(新規雇用者数・失業率)
(独) 6月鉱工業生産
(加) 7月雇用統計(失業率・雇用ネット変化)

■決算発表
月曜:HSBC、バークレイズ
火曜:BNPパリバ、UBS、ミュンヘン再保険、スタンダードチャータード
水曜:アクサ、ソシエテジェネラル、ロイズ、プルデンシャル
木曜:AIG、MBIA、CITグループ、コメルツバンク
金曜:ファニーメイ、RBS、アリアンツ

■休場情報
月曜:シドニー、トロント休場


今週は上記のように各国の政策金利発表が多く控える上
米国・カナダの雇用統計、そして欧米企業の決算発表も目白押し。

そして今週は先週末にやや膠着気味となった相場から再び放たれるのか、
特にドル円の中期トレンドに影響が出るのかを見る上で重要な週となりますし
各通貨の短期テクニカルや通貨間の力関係が変化する可能性も高いので
週明けの窓開きなども考えて安易な決めうちなどは避け、
安全重視でしっかりと戦略を立てていきたいところ。
RBA,BOE,ECBの政策金利発表やトリシェ総裁記者会見、
カナダの雇用統計


8月初日 月曜なので様子見から
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【本日注目の経済指標】

16:00  小売売上高指数-6月
16:30  SVME購買部協会景気指数-7月スイス
       予想43・6 結果 44.3 強い結果
17:00  PMI製造業-7月(確報値)
       独 結果45.7 強い結果
17:30  PMI製造業-7月
       英 結果50.8 予想より強い
★23:00  ISM製造業景況指数-7月
       前回44.8 予想46.5 結果
23:00  建設支出-6月
       前回ー0.9% 予想ー0.5% 結果+0.3%強い

23:00米7月ISM製造業景況指数
    前回44・8 予想46.5 結果48.8 強い


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
?17:08 95.02 ロング
 22:30 95.03 決済  +1pip
 ほとんど値動きなし。23:00前にノーポジにする
?22:58 95.16 ロング 5分位前から上昇始めたから
             乗ったらあがった
             指標確認したら強い結果
 24:07 95.17 5MAを下にクロスオーバーで決済 +1pip
ばたばたしないでねばった結果なのでOK


2009,8,3


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

★るんるんFX★
2009・5から FXを知り、めちゃくちゃトレード開始??(。´▽`。)??

miu

Author:miu
2009、6月からFX始めて少し利益が出るも
ドカーーーン!といきなりマイナス150万円
2ヶ月間勉強しなおして
8月14日よりリアルトレード再開です!

おバカな事が少しでも減りますように。。。。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FX用語
■ボラティリティ(予想変動率) 編集 主にオプション取引などで使用され、過去の変動の度合いから、今後どの程度変動するかを予想した数字。市場参加者の先行き1ヵ月(or 3ヵ月)の円相場の見通しを反映するといわれています。数値が小さいほど相場の振れが小さいと市場参加者は見ていることを示します。 br> 【FOMC】 米国における金融政策の最高意思決定機関で、年8回ワシントンで開催されている。地区連銀景況報告を基に金融政策が決定されるが、その景況感は世界的に注目を集めている。
【株価】
ブロとも一覧
RSSリンクの表示
リンク
★リンクフリーとなっています♪ ★相互リンクも大募集です!仲良くしてくださいね^^
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
★逆アクセス★
★miuのtwitter★
つぶやき聞いて欲しいもん♪
https://twitter.com/yanaimiu twitter001 アクセスして見てね^^b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。